【神の7秒間シリーズ】に関するご質問と回答


更新日:2016年07月04日

Q.

アメリカに住むアラフィフの女性です。

年齢のせいもあって、体重が、どんどん増えてきました。

特に体脂肪が30%ぐらいになってしまいました。

全体的に脂肪が乗ってる感じでこれではいけないとパーソナル
トレーニングを受けたら、ウエイトトレーニングだったのです
が・・・

太ももがもっと太くなり恐ろしくて止めようとしたらここを
乗り換えるんだと言われましたがどうしてもやる気になれません。

カーディオを組み合わせた方がいいのでしょうか?

腕もウエストも下半身も脂肪が乗ってしまった私のような
女性の場合、北島先生のプログラムの中ではどれを選ぶの
がいいのでしょうか?

神の7秒なのか?

ダイエットプログラムなのか?

ダンベルトレーニングなのか?

決めかねています。
アメリカのジムには怖くて行けません。

よろしくお願いします。

A.

まず、体脂肪率については部分的に落ちるとか増えるといった
変化はないので体脂肪率そのものはダイエット(食事管理)をし
なければいけません。

特に女性の場合、低脂肪ダイエットをすると女性ホルモンの減少
が原因で体調を崩したり肌が老けたり、胸から先に痩せたりする
ので糖質を食べないケトジェニックダイエットがおすすめです。

また、ワークアウトに関してはアメリカ人の場合ですとほとんどの
人が前重心を自然に出来ています。

そのため、骨盤も前傾しているので逆に骨盤の角度などを
気にしませんのでアメリカでパーソナル・トレーニングを
受けても姿勢や重心は自分で気を付けるしかありません。

ですから・・・

その状況ですと必ず視ていただきたいのは正しい体重バランスだけ
を徹底的に解説した「ザ・ポスチャー」というプログラムです。

まずは、これを実践いただいて正しい姿勢と体重バランスを
身につけていただくとワークアウトの効果が全く違ってくる
でしょう。

●THE POSTURE:
www.ultimate-tk.jp/posture/

Q.

神の7秒間の第1巻とかの上腕二頭筋編とかが
ありますが、胸編はなぜないのですか??

A.

大胸筋に関しましてはプログラムの中にアルティメット
ベンチマスタープログラムがございます。

大胸筋、とくにベンチプレスに関しては多岐にわたる注意点があるのと
ワークアウトの原点と呼ぶべき上半身のメニューのため、別に長編のプ
ログラムとしてご用意させていただいているのです。

アルティメットベンチマスタープログラムはベンチプレスの他にワークアウト
の基本に関しても触れておりますので是非ご参考にして頂きたいプログラムです。

・ベンチプレスのフォームからテクニックまで
を初心者から上級者までに徹底解説したプログラム

アルティメットベンチマスタープログラム:
www.ultimate-tk.jp/benchsocial/

Q.

「神の7秒」の中に、大胸筋編がありませんが何か意味があるのでしょうか?
自分は特に胸板を分厚くしたいのですが、どれを購入したら良いですか?

A.

大胸筋に関しましてはプログラムの中に
アルティメットベンチマスタープログラムがございます。

大胸筋、とくにベンチプレスに関しては多岐にわたる注意点があるのと
ワークアウトの原点と呼ぶべき上半身のメニューのため、別に長編のプ
ログラムとしてご用意させていただいているのです。

アルティメットベンチマスタープログラムはベンチプレスのほかにワークアウトの
基本に関しても触れておりますので是非ご参考にして頂きたいプログラムです。

・『ベンチプレス』のフォームからテクニックまで
を初心者から上級者までに徹底解説したプログラム

アルティメットベンチマスタープログラム:
⇒ www.ultimate-tk.jp/benchsocial/

Q.

【神の7秒間】やYouTubeを拝見して、ワークアウトに励んでいます。

アドレナリンが出るタイミング、についてお聞きしたいことがあり
メールさせていただきました。

アドレナリンが放出されることが実感できるようになったのですが、
最初のメイン種目ではアドレナリン放出は感じられず3~4種目を行っ
たあたりでいつもアドレナリン放出を感じています。

例えば・・・

・バーベルベンチプレス 3~4セット
・インクラインベンチプレス 3~4セット
・ディップス or ダンベルフライ

をやった時は高揚感を感じています。

「リミットを解除してアドレナリンを出す」ことをいつも
目指してやっているのですがタイミングはどう考えればよ
いのでしょうか。

A.

メインセットで最高に気分を高めてアドレナリンを出さなければ
効果は半減してしまいます。

日本人は長時間運動に慣れているので、時間をかけないと
アドレナリンが出ない精神的な癖がある人が多いようです。

3セットを行う意味は、1セット2セットと準備のセットで
出来る限り興奮して本番の最終セットに挑むためのいわば、
アイドリングのようなものです。

関節に負担がかかる種目やヘビーなウエイトを扱える場合には
徐々にウエイトを上げて怪我のリスクを下げるために4〜5セッ
トになる場合もあります。

しかし、4〜5セットでも基本的な考えは同じです。

最終セットにいかに興奮してアドレナリンを放出して
限界を超えるかが効果を出す秘訣なのです。

ですから、最終セットにアドレナリンを全開に出せるようにする
ことも練習の1つと考えて下さい。

その後、パンプアップ種目を取り入れることで更なる筋肥大のキッカケに
なりますがこれも2〜3セットと少ないセットで終わらせることで筋肥大に
必要な環境が与えられます。

Q.

神の7秒間、ディクショナリー、パンプアップを購入してアルティメットプロテイン
ライトとローカーボを飲み日々ワークアウトに励んでおります。

ある情報でボディビルダーがポーズでよくするバキュームはウエストを細くするのに
効果があると聞きました。

これは、効果があるでしょうか?

A.

ドローインやバキュームは綺麗な姿勢を保ったり意識するには良いですが
直接的に筋肉を鍛えるのであれば腹筋運動の方が効率的ですしお腹の脂肪
を落とすにはダイエットが効果的です。

おそらく、ウエストが細くなったというのは全く運動すらしていない人が
やれば少しは運動になるので「変わった」という結論を押し付けているだ
けに過ぎないかと思います。

普段からワークアウトをしているのであればそれはクランチが腹筋を鍛え、
ダイエットが体脂肪を落とすのに効率的であると言えます。

Q.

神の7秒講座を購入させていただきましたが大変参考になりました。
ありがとうございます。

質問がありますので是非教えて頂ければうれしく思います。

ドロップダウンセットの実技の際、サイドレイズを10レップずつ重さを落としながら
行っておられましたがトータル30レップも行うと無酸素運動ではなくなってしまうの
ではないかと思いました。

どのように考えたらよいでしょうか?

A.

まず、重要なのは1セット目が筋肥大のためのセットだという事です。
あとのセットは追い込み切るためのセットになります。

逆に通常のセットでも追い込み切れない場合はパンプアップや
ドロップダウンのような形で追い込むこともあります。

ただ、筋肥大に向けた1セットは最大の重さでやる1セットです。

限界を超えようとする行為とさらに追い込みをかける行為は同じことを
やっていても役割が異なるということです。

Q.

いつも大変参考にさせて頂いております。
「神の7秒講座」とても役だっています。

つま先重心と骨盤の前傾を意識してワークアウトを
行っているのですが腹筋に力が入れづらいような気がします。

体重バランスの意識の際、腹筋にも気をつけるべき点はありますか?
是非教えて下さい。

A.

スクワットやバーベルカールなど腹筋以外の種目を行っている時に
腹筋をわざわざ意識してしまうとターゲットになる筋肉に意識が集
中出来なくなります。

そのため、限界を超えて追い込めなくなるので腹筋は意識しないでください。

意識しなくても身体を安定させるように自然と腹筋には力が入っています。
それを腹筋に意識を向けることで逆にバランスが崩れてしまいます。

また、クランチなどを行う時も胸を張って同じアーチを作ることで
腹直筋がよりストレッチされます。

さらに、お腹をバキューム(息を吸い込み凹ませる)させることで腹直筋
はストレッチします。

そして、そのまま腹直筋を縮めればシッカリと腹直筋に刺激は与えられます。

ですから、もし前傾姿勢と同じようにボディーポジションをキープすると
腹直筋に刺激が入らないようでしたら他に原因があるはずなので色々な所
を分析する必要があります。

クランチなどのいわゆる腹筋の種目とは・・・
パンプアップが目的の種目です。

腹筋のバルクアップは他の部位のワークアウトを高重量で行うことで
自然に使われる時に行われているのです。

だからと言って、特別に腹筋を意識してしまうとボディーポジション
を崩してしまうので無意識のまま腹直筋が使われるのがベストな腹筋
のバルクアップ種目になるのです。

Q.

ワークアウトプログラムについてお聞きします。

私は神の7秒間理論とパンプアップの教材を購入したのですが
初心者にとってふさわしい教材は他にもあるのでしょうか?

個々の状態が違うのは理解していますが
各教材の位置づけを教えていただければ嬉しく思います。

まずはこれから学んでください的なものがあれば
宜しくお願い致します。

A.

まずジムではなくて自宅で済ませたいのであれば
ベンチとダンベルは必要になります。

つまり、ダンベルワークアウトプログラムがお勧めです。
またベンチやダンベルがあるジムでももちろん可能です。

部位にこだわってジムで突き詰めてワークアウトするので
あればワークアウトディクショナリーでお好きな部位を選
んでいただくという形になります。

ベンチプレスは特に特別な種目ですので
ベンチプレス専門プログラムというものがあります。

まずは神の7秒を意識しながらステップアップするのでしたら
ダンベルワークアウトプログラムが妥当かと思います。

Q.

わたしは最近、「神の7秒間」を購入して実践しております。
これから本格的にバーベルを使ってワークアウトしたいと思ってます。

動画の中でも思いっきり締めるようにと出てきましたが
パワーベルトについて疑問に思っていることがあります。

検索すると色々理論があるようで、まず必要なのかどうか?

腹圧を上げて背骨の角度が固定されることで腰への負担が減り
重量が上がっていっても痛めにくいということですが・・・

それを使うことで逆に体が弱くなって痛めるようなことに
ならないのかということです。

あった方が絶対よいということでしたら色々ありますが
どのようなものを購入すればよいのでしょうか?

ご経験で、腹巻きのように幅の広いものの方がよいとか
革のものはしっかりしているが臭くなる(笑)とか

何でも結構ですので教えていただけたら嬉しいです。

A.

初心者のうちで軽い重量しか扱えないうちはベルトをせずに
正しいボディーポジションを覚えるのは良いと思います。

しかし、ある程度の重量が扱えるようになったらリフティング
ベルトをしないと深刻な怪我のリスクが増えます。

ただでさえ高重量を扱うようになれば怪我のリスクが増えるのに
ベルトをすればリスクを減らせることが分かりながら・・・

わざわざベルトをしないことでリスクを背負うほど
ベルトをしない価値を見出せません。

ベルトをしないことで逆に身体が弱くなって怪我のリスクが増えるなら
トップに君臨するボディービルダーやパワーリフター、その他のパワー
系アスリートのほとんどがベルトをワークアウト時に着用している事の
説明がつきません。

スポーツの世界は甘くないので、怪我をしやすい方法をわざわざ
取り入れている人ばかりがトップにいるのはおかしな事になります。

また、ボディービルダーのように細かい筋肉を鍛えるには前が細く
なっているタイプのベルトが筋肉の可動域の制限を最小限に抑える
ために適しています。

太さが同じベルトはパワーリフティング向けでスクワットやデッドリフト
の時の腰の安定感には優れています。

しかし、筋肉を育てるために様々な角度から鍛えたり
多様な種目に対しては不向きです。

そして、素材はダントツで本革が良いです。

使っていくうちにフィットしながらも硬さを保つので
高重量を扱うには適しています。

悪臭の防止には普通の消臭防菌効果のあるスプレーを
使うことで解消できます。

Q.

「神の7秒間理論 実践講座」を全巻購入致しました。

北島さんの「神の7秒間動画全巻セット」を購入させて頂いて
早速ワークアウト内容を切り替えております。

質問です。

3セット目のいわゆる“試合”セットについてですが追い込み方が
いまいち分かりませんので下記に例を上げます。

・1レップが限界の重さを使う
・10レップが限界の重さを使う

ちなみに、私が利用しているスポーツクラブではフリーウェイトルームに
スタッフがいないのとトレーニングパートナーもいないため補助なしで行
っています。

1人で行えるワークアウトで「神の7秒間」に達する追い込み方を
教えて頂けますでしょうか?

A.

筋肥大を狙うなら基本的には6〜12レップスが
限界の重さを設定するのが良いです。

しかし、必ずしも6〜12レップスが良いわけではありません。

回数に変化をつけることで慣れを防いで効果を持続させたり
手足が極端に長い人などは20レップスぐらいが効果的な人も
多く、個人差もかなりあります。

基本的な考えとしては、無酸素運動で限界を一秒でも超えれば
何かしらの影響はあるので興奮して集中することが何より大事です。

もちろん、ターゲットになる筋肉を
同じ角度で使い続けることが大前提です。

また、補助や自分以外の人がいない場合にはベンチプレスなどで
追い込むのはとても危険となります。

ですから、ダンベルベンチプレスなどで追い込んだあとにベンチ
プレスはパンプアップの種目として使ったり誰か知らない会員さ
んなどに声をかけて補助してもらうことなどをして下さい。

アメリカでは全く知らない人に補助を頼むのが当たり前となっています。
恥ずかしいとは思わずに積極的に声をかけてみましょう。

Q.

神の7秒間プログラムを購入しました。
いつも貴重な情報をご提供頂き、有り難う御座います。

これまで培ってきた理論を覆す内容ばかりでこれまで行ってきた
ワークアウトがいかに古く間違ったものであったか気付かされました。

今は北島信者の如く、ワークアウトに励んでおります。

質問に移りますが、

1:BCAAの効果、メリットを教えて下さい。
2:ケトン体ダイエット時のサプリメント以外の食事は何ですか?
3:ワークアウト前後のストレッチについて教えて下さい。

以上、宜しくお願い申し上げます。

A.

BCAAはワークアウト時に筋肉から使われるバリン、ロイシン、イソロイシンという3種類のアミノ酸を摂取することでプロテインよりも素早く吸収されるのでワークアウト中やワークアウト直後に適してします。

また、ケトン体ダイエット時に食べるのは簡単にいうと
糖質以外の食べ物です。

肉、魚、卵、チーズなど動物性の物を食べることで
良質なたんぱく質や脂質を摂取できます。

これまで刷り込まれたダイエットの固定観念により、ケトン体ダイエットでも脂質を避けてしまう人がいますが、糖質を完全にカットできれば脂質で太ることがなくなるのでエネルギーやホルモンの元になります。

そのため、脂質を積極的に食べるのも大事なポイントです。

また、運動前は静的ストレッチを行うとパフォーマンスの低下と筋断裂のリスクが高まるので、軽い動的ストレッチを行い静的ストレッチを行いたければ運動後に行うようにしましょう。

運動後のストレッチも特に筋肥大には効果が期待できません。
ですから、筋肥大のためならば無理して行う必要もないでしょう。

ただし、パンプ種目の合間にパンプさせる筋肉を軽い静的ストレッチで伸ばすことによりパンプアップしやすくなるので、パンプ種目の合間のストレッチは筋肥大が目的であっても取り入れる価値はあります。

Q.

北島先生

いつもYouTubeとメルマガを拝見させて頂いています。

今回、THE WORKOUT BIBLEシリーズの1巻&4巻セットと
2巻を購入させて頂きました。

その中のラットプルの実技動画を視聴してジムで実践しました。

最初の3回くらいまではゆっくりとターゲットとなる部位に意識して
4~12回くらいはスピードをつけて筋肉を収縮させました。

ネガティブ側に戻すときに力を入れながら戻して再度ポジティブ側に
戻すやり方で繰り返し実施していました。

その際に、ネガティブ側に戻す時にオモリの落ちる音が発生するのですが
音を出してはいけないのでしょうか??

本日行ったジムで、係の女性に機器の音がうるさく周りに迷惑に
なるのでなるべく音を出さないでくれと言われてしまいました。

その時は、すいませんと謝り音を出さないようにワークアウトしたの
ですがあとから疑問に思い北島先生に質問させて頂きました。

ジムを選ぶ際にも何か注意点が必要なのでしょうか??
ご教授の程よろしくお願い致します。

A.

ラットマシーンでウエイトをおろすネガティヴ動作の時は
おろしきった時にプレートが少し浮くようにシートなって
いないと・・・

広背筋がストレッチしないのと1レップごとに筋肉にかかる
ストレスが抜けてしまいます。

そのため、効果的なワークアウトが出来なくなります。

シートの調整が合っていないとか、たまに女性専用マシーンなどで
小型の物があったりもするのでそのようなマシーンしかない時は、

フルレンジにはなりませんが一回ごとにプレートを落とすよりは
少しプレート浮かしたままで次のレップを行うようにして広背筋
の負荷をキープしたままセットをおこなってください。

そうすることで、広背筋をターゲットにしたワークアウトが
効果的に行えます。

このように、ジムよってはマシーンの選び方をわかってない人が選んだために
小型マシーンしかなかったりする場合もあるので、見学する際に実際にマシー
ンを動かして判断をすると良いでしょう。

あとは、フリーウエイトがほとんど無いようなジムなども
避けた方が良いでしょう。

Q.

北島先生こんにちは。
神の7秒間を実践中です。

ワークアウトに限らず仕事の場合でもつま先重心を心掛けると
動きもスムーズで以前より何かと早く動けるようになります。

不思議です。

見られる姿勢としても、心掛ける動きとしても、とても好評です。

今回お聞きしたいことは、かかと重心のワークアウトや日常生活から
爪先重心に移行していく過程で何らかの体の変化は起きますか?

と言いますのは昨日、突然ぎっくり腰となってしまいました。

ワークアウト歴は20年程で今までは腰痛はゼロ。
今回は人生初のぎっくり腰です。

接骨院に通い治療をしておりますが痛みに負けてかかと重心になると
歩けず、コルセットは巻きますが爪先重心を意識すると動けます。

今回のぎっくり腰は、姿勢などを根本から直すきっかけだと
感じております。

ワークアウト自体は暫しお休みとなりますがこのまま日常生活に
おきましても爪先重心に移行していって宜しいでしょうか?

今後とも宜しくお願いいたします。

A.

正しく爪先重心が保たれている場合、背骨の強度が最も強い
S字ラインが作られています。

そのため、もっともぎっくり腰や腰痛になりにくい
姿勢になっています。

しかし、良くある間違いが胸を張っていても立っている時に
膝が少し曲がっていたり胸を張っている姿勢で踵に重心があ
ると反り腰と言われる腰に負担がかかる姿勢になります。

また、良く日本人に起こりがちな原因としては普段猫背で
踵重心が慣れているために正い姿勢をキープするための筋
力がありません。

そのため、正い姿勢をキープしていると疲れて姿勢が崩れて
体幹の力が抜けた状態で物を持ってしまったり・・・

日常のちょっとした動きで腰を痛めてしまうことがあります。

これを防ぐため、日頃から正い姿勢でワークアウトすることと
日常生活でも爪先重心の正い姿勢をキープするように心掛けて
ください。

特に、荷物を持つ時や歩いたり走ったり階段を登ったりと
動き出す時の姿勢を崩さないようにしましょう。

Q.

「神の7秒間の体感編の位置付け」について教えて下さい。

ワークアウトの理解不足からの質問かもしれませんが何卒ご容赦下さい。

追い込み方の手法をいくつか説明いただいています(ジャイアントセット、スーパーセットなど)このような追い込み方と限界重量を超える(速度を含む)ことの関係を教えて下さい。

できるだけアドレナリンをだして集中して3セット目を行うことが
重要だと理解していますがこの事とここで説明している追い込みは
無関係な話なのでしょうか?

それとも追い込みは集中を高めるために必要だという関係で
ここで説明されているのでしょうか?

例えば、ベンチの重量(速度を含む)の限界を超えるために
「ドロップダウンセット」はどのように活用すればいいいの
でしょうか。

よろしくお願いいたします。

A.

ドロップダウンセットは、軽い重量から始めればパンプアップに適した
種目です。

しかし、3セット目のヘビー種目に取り入れることにより
限界を引き出せます。

ダウンセットは限界の速さで行い、ヘビーな重さの限界と中重量中
スピードの限界、ライトウエイトで最高速の限界をギア比の違いに
よる限界を作ることでより強い変化である脅威を与えることで筋肉
対抗せよと脳が筋肉の肥大を命令します。