各種プロテインおよびサプリメントの飲み方


更新日:2016年09月25日

Q.

ケトジェニックプロテインとローネットカーボのセットを購入しました。
それぞれどのタイミングで飲むのがベストとなりますでしょうか?

A.

プロテインの摂取タイミングはタンパク質がいつ必要なのか?
ということを考えて決めるべきです。

プロテインとは、日本ではプロテインパウダーを指すことが多いです。
しかし、英語ではたんぱく質という意味です。

文字通り、たんぱく質が必要な時に摂取しやすいのが
プロテインパウダーなのです。

たんぱく質はアミノ酸に変わり、筋肉を含めた髪の毛や皮膚など
さまざまな組織を構成する要素ですがこのアミノ酸は体内に長期
保管出来ません。

ですから、身体を維持したり髪の毛や皮膚の健康維持。

または向上させるにはアミノ酸の元であるタンパク質を2.5〜5時間に
一回は最低でも摂取しなければカタボリックという筋肉を分解してア
ミノ酸を作り出そうとする状態になります。

ですから、食事が何回も連続で摂れない

食事の内容的にタンパク質が摂れない

などという時にプロテインを摂取すると良いでしょう。

そして・・・

アルティメットプロテイン for ケトジェニックダイエットには
中鎖脂肪酸というすぐにケトン体に変わる成分が入っています。

そのため、ケトジェニックダイエット中の朝食、間食、食事の代用品
として便利です。

また、アルティメットプロテイン ローNETカーボは糖質を極限まで
抑えています。

ですから、ケトジェニックダイエット中の食事でタンパク質が足りない時
に食事のたんぱく質を増やす目的で摂取すると良いでしょう。

また、アルティメットプロテイン ローNETカーボにはbcaa、グルタミン、
クレアチンなどを強化している他にコラーゲン、グルコサミン、コンドロ
イチン、マルチビタミンなど様々なサプリメントを含んでいます。

ですから、沢山のサプリメントを摂取する必要がなくなります。

・アルティメットプロテインforケトジェニックダイエット
http://ultimate-tk.jp/protein2/ketonprotein

・アルティメットプロテイン・ローNETカーボ
http://ultimate-tk.jp/protein2/rownet

また、ケトジェニックダイエット中ならこれらの製品を摂取する際に
MCTパウダーを朝食や間食に加えてもいいでしょう。

THE WORKOUT MCTは100%天然の中鎖脂肪酸をパウダー
にしたものです。

糖質は完全にゼロですから、ケトジェニックダイエット中に
プロテインに加えて摂取いただくのにとても便利な製品です。

・糖質ゼロ、天然中鎖脂肪酸使用のMCTパウダー
THE WORK OUT MCT
http://www.ultimate-tk.jp/mct/

Q.

プロテインを飲むタイミングはいつが最適ですか?

A.

運動後の30分間はカラダのケアやカラダ作りにとってのゴールデンタイムと
言われており特におすすめの時間帯です。

また、たんぱく質の不足しがちな朝食の補給や、カラダが作られる就寝前も
おすすめです。

※摂取タイミング例:
1:朝食時
2:トレーニング直後
3:ご就寝前

Q.

プロテインの摂取回数とは基本的に1日何回になりますか?

A.

プロテインの摂取回数は多くても3回程度になると思います。

サプリメントを摂取しているから食べ物からたんぱく質を摂取しなくても
良いという考えではなくあくまでも食事で摂取するたんぱく質が足りない
分を補うのがサプリメントでありプロテインだということを忘れないでく
ださい。

Q.

私はアルティメットプロテインの定期購入を利用しています。

週に2回のワークアウト直後のみに摂取しているため
使い切れないうちに新しいプロテインが届きます。

1kgだと量が多すぎませんか?

A.

タンパク質はワークアウトしているいないに関わらず
毎日体重1kgあたり最低2gは必要です。

例えば、体重が60kgなら1日120gのタンパク質が必要です。

卵であれば100gあたり12.3gなので1kg食べなくては確保出来ません。

ワークアウトをして筋肥大を目指しているのでしたらなおさら
タンパク質の確保は必要なので2g以上は必要でしょう。

食事では到底確保出来ないタンパク質を確保するのが
プロテインパウダーです。

ですから、毎日のタンパク質の確保が食事で足りているなら
問題はありません。

しかし、もし知らずにワークアウト直後だけ摂取しているなら
タンパク質が不足するでしょう。

プロテインはワークアウト直後だけに
摂取するものではありません。

また、タンパク質は筋肉のためだけに摂取するものではなく消化・分解されて
二十数種類のアミノ酸になり、髪・皮膚・内臓・爪・骨に至るまで体のあらゆ
る組織の原料となるのです。

ですから、食事でタンパク質が十分摂れているのでしたら
必要はないのでしょうが足りなければプロテインで不足分
を補ってください。

そうなると1kgでは少々足りなくなる程度になるでしょう。

Q.

他のメーカーのサプリメントを飲んでいますが栄養成分表示に炭水化物と
表示してあります。

ケトジェニックを遂行中はやはり食べないようにした方がいいのでしょうか?

ちなみにケトジェニックとローカーボとボディザとアルティメットライトを
定期で取るようになって一ヶ月ちょっとです。

お腹がすいたら茹で玉子と胸肉も食べています。
白米、小麦粉、ビールはやめました。

ハイボール、焼酎は毎日飲んでいます。

お腹ポッコリ出ていてなかなか、へっこみません。
ワークアウトも定期的にやっています。

職業が飲食店で夜寝る前に食べています。
もちろんたんぱく質と生野菜だけです。

A.

ケトジェニックダイエット中はいくら糖質を制限していると
は言え厳密にはアルコールはNGです。

炭水化物は糖質です。

炭水化物と一緒に食物繊維の表示があった場合には糖質は実質
「炭水化物の値−食物繊維=糖質」となります。

糖質制限ダイエット(ケトジェニックダイエット)は
糖質の制限量を守って行うダイエットです。

糖質を抑えた食生活を心掛けること自体はもちろん問題はありませんが
糖質制限ダイエットをする場合は正しい知識を持って実践されなければ
ダイエット自体が機能しません。

知識を正しく学び、正しく実践いただけると幸いです。

Q.

アルティメットプロてインローNETカーボとケトジェニックの
プロテインを定期配送で飲んでいます。

シェイクした時にかなり泡立ちますが栄養分を全て取るために
泡の部分は全て飲むべきでしょうか?

また、泡を残しても一回分の栄養は摂れるのでしょうか?

シェイカーに入れて軽く振るようにしても泡立ちがあり
泡は飲むと気持ち悪いので改善方法やオススメの方法が
あればご教授お願いします。

A.

水を先にシェイカーに入れてからプロテインパウダーを入れてください。

プロテインパウダーを入れたあと、まずはフタにつかないようやさしく左右に軽く揺らし
プロテインが水に沈んだ状態で軽く10回ほどシェイクして溶け込ませるだけで泡を立たせ
ずに溶け込ませることが出来ます。

また、水の温度や水とプロテインの割合などによって溶け具合が異なります。
回数は適時、調整してください。

Q.

ケトジェニックダイエットとVODEZAダイエットの
購入を検討していmすが外食が多く、糖質制限が難
しい生活をしています。

体を絞りたいのですがどちらの商品が自分に合っているのか?
併用した方が良いのか?

その他、効果的な使用方法などを詳しく教えてください。

A.

糖質制限ダイエットは通常のダイエットとは異なります。

単にカロリーを減らすダイエットではないため糖質の摂取の
上限量のコントロールが出来ないと成功しないダイエットです。

プロテインはあくまで食品の位置づけであるため、
摂取することによっての痩身効果はございません。

糖質制限が難しい場合はケトジェニックダイエット及び、
VODEZAダイエットは糖質制限において役立つプロテイン
および総合サプリメントのため現在のお客様の状況ではワ
ークアウトとバランスの良い食生活によるダイエットが必
要だと思います。

その場合、ローNETカーボがお勧めになります。

ワークアウトにて筋肉量を増やし、バランスの良い食生活を行って
糖質は十分に摂取出来ているためローネットカーボでタンパク質を
補充するという形でダイエットを行って下さい。

全く運動等を行っていない場合は、これだけでも多少のシェイプアップ
は可能ですがやはり体脂肪を直接的に落とすダイエットは糖質制限ダイ
エットになります。

糖質制限ダイエットを行わない場合でも糖質の制限は
どちらにせよ行わなければならないため食生活の改善
は必須となります。

カロリー制限を行いながらのダイエットは
筋肉を小さくすることは避けられないため
リバウンドの可能性が高まります。

まず、プロテインを摂取してダイエットという考え方ではなく
食生活の環境の改善とどういった目的でダイエットを行いたい
のか明確に決めて頂けますとその際にどういったプロテインが
適切なのかお答え出来ると思います。

ちなみに、外食中心でも糖質制限は食べるものを選ぶことが
出来れば問題はありません。

まずは正しい糖質制限の知識をアルティメットダイエットプログラムを
参考にいただき、ワークアウトと共に実践いただくことが望むべく結果
をもたらす行動となりますのでその方法をお勧めいたします。

その際はケトジェニックダイエットもしくはローネットカーボ、
及びVODEZAダイエットを利用されることをお勧めいたします。

Q.

アルティメットプロテイン forケトジェニックダイエット
は1回30gの摂取で良いのでしょうか?

A.

使用量ですが一日に必要なタンパク質量(体重1kgあたり×1-2g/日)
を食事で得られるタンパク質量で不足分を摂取してください。

日に何度か小分けに総摂取量を摂取いただくと効果的です。

また、コストパフォーマンスに優れたローNETカーボ
と併用されることもお勧めいたします。

Q.

ダイエット目的に「アルティメットプロテイン for ケトジェニック
ダイエット」と「VODEZAダイエット」を購入しました。

アルティメットプロテイン forケトジェニックダイエットと
VODEZAダイエットはどのように組み合わせて飲めばいい
でしょうか?

効果的な活用方法を教えて下さい。

A.

VODEZAダイエットは難消化デキストリンやその他の糖質制限中に
不足しがちな栄養素がが含まれているタンパク質も豊富であること
から糖質制限ダイエット中の食事中のドリンクやワークアウト中の
ドリンクとしておすすめです。

そういったタイミングで飲まれると良いでしょう。

アルティメットプロテイン for ケトジェニックダイエットだけでも
糖質制限は十分ですが上記の理由で必要な場合はあると便利です。

夜間の空腹感ですがその日に必要なタンパク質(最低限体重1kgあたり2g)を
補うためにどちらかのサプリを飲んで含有量が異なりますのでそれで調整され
ても良いです。

また、味が異なるのでお好きな方を飲まれるという形で良いでしょう。

Q.

私は「アルティメットプロテインローnetカーボ」
を起床時と就寝前に飲んでいます。

とても美味しくて満足しています。

ワークアウト後の飲んでいた市販のプロテイン(まずかったです)を飲みきりましたので
「アルティメットプロテイン for ケトジェニックダイエット」の購入をしようと思います。

ケトジェニック・ダイエット中なのですが、ワークアウト後に飲むのでしたら
どちらの「アルティメットプロテイン」が最適なのでしょうか?

また「アルティメットプロテイン for ケトジェニックダイエット」より最適な
「アルティメットプロテイン」はあるのでしょうか?

A.

「ローNETカーボ」に関してはバルクアップに徹した場合(食事で糖質は十分に摂れている)
ですとケトジェニック中などどちらでもお使いいただけるようなコンセプトとコストパフォー
マンスを重視した商品となっています。

ケトジェニックプロテインだけでも問題はないですがケトジェニック中は
食費が高くなる傾向になるため、併用したほうが良かったりします。

普段の食事で糖質が多めに摂取してしまった場合はローNETカーボ

逆に、食事の補助代わりにケトジェニックと臨機応変に
お使いいただけると幸いです。

ケトジェニック成功のカギはなんといっても
糖質を制限することが第一です。

そして、カロリーの過不足をさせないこと

そして、たんぱく質を十分に摂取することです。

その条件をみたす補助として両プロテインをお使いください。

Q.

お世話になります。

先日、ケトジェニック1000gとvodeza500gを購入しました。
ワーアウトは週2回、各1時間程をやっています。

今回、体重を5kg~7kg減を考えています。

食事は朝はスロージューサーで作るジュースのみ

昼食はご飯、麺類、以外でおかずのみをバランス良く

夕食もご飯、麺類以外でバランス良く食べています。

それ以外では1日にプロテインを3回飲んでいましたが
今回購入したケトジェニックとvodezaをどんな感じで飲
むのがいいのか?

ご教授頂きたいです。
よろしくお願い致します。

A.

「アルティメットプロテイン for ケトジェニックダイエット」は
中鎖脂肪酸というエネルギー変換が一番早い脂質を含んでいます。

ですから、糖質抜きダイエット・・・
文字通りケトジェニックダイエットに適しています。

ケトジェニックダイエットとは、糖質を限りなくゼロに近くすることで
脂質をエネルギーとしたケトン体をメインエネルギーとすることで食べ
た脂肪酸を体脂肪にならないようにして体脂肪も全てエネルギーに使う
というとても効率的なダイエットです。

しかし、通常よりも多くの脂質を摂取するために糖質を少しでも多く
摂取すると普通の食事よりも太ってしまいます。

ですから・・・

果物、麺類、砂糖、ハチミツ、パン、米、芋、小麦粉、デンプン
など全ての糖質を食べないようにしないと逆に太ります。

そのため、現在の食事は炭水化物をメインにしているため
ケトジェニックプロテインは不向きです。

「低脂肪ダイエット」をするならば、「アルティメットプロテイン
ライト」の方が向いています。

ケトジェニックプロテインを使うのであれば、肉、魚、卵、チーズの
ような糖質がほとんど含まれない食べ物だけを食べるようにして下さ
い。

Q.

アルティメットプロテインローNETカーボは1回の使用で添付のサジ
何杯をどのくらいの水にとかせて摂取すればいいのでしょうか?

A.

30gの粉末を200ccの水に溶かしてお飲みください。
お好みにより味の濃さは水の量で調整してください。

付属スプーンの外側にある目盛りの上部までで約10gとなります。
上記を基本としてご自身の摂取量に合わせてご利用ください。

Q.

いつもお世話になります。
アルティメットプロテインについて質問です。

現在、ケトジェニックダイエット中なのですがローNETと
forケトジェニックは時間帯やシーンによってどう飲み分け
れば良いですか?

例えば、ケトン体が出やすい朝はforケトジェニックで
トレーニングの前後はたんぱく質をたっぷり補給したい
のでローNET

寝る前はforケトジェニック。

こんな考え方で良いですか?
お勧めの飲み方があればぜひ教えて下さい。

A.

forケトジェニックプロテインはココナッツオイルの成分と同じ
中鎖脂肪酸を含むので素早いエネルギー源になるのとケトン体
、脂肪酸を誘導しやすくなります。

ですから、forケトジェニックプロテインは朝食や
ワークアウトの前に最適です。

それに対して、ローNETカーボプロテインは各種アミノ酸や
ビタミンなどさまざまなサプリメントを含みながらも糖質を
徹底的に低く抑えているのでワークアウト直後や食間、就寝
前に向いています。

Q.

ケトジェニックダイエットでは0カロリー飲料はOKとのことですが
人工甘味料により糖質を多く含むものも中にはあります。

それは問題ないのでしょうか?

また、ダイエット期間中は我が家ではラカントなどの0カロリーの
人工甘味料でプリンなどを作って他の甘いものを我慢しようと考え
ていたのですがそれも大丈夫でしょうか?

A.

ケトジェニックダイエット中でもアスパルテームなどの甘味料は甘さは
感じてもアミノ酸ですので全く問題ありません。

また、エリスリトールや難消化デキストリンなど糖質でもカロリーが
ないものでしたら大丈夫です。

0カロリーであれば、エネルギー源にならないので糖質であっても
ケトン体をエネルギーにするのを妨害して代わりのエネルギー源に
なれないのですから問題ないのです。

Q.

中学時代の先生に、プロテインは大人になってから胃を悪くするからなるべく
飲まない方がいいと言われて少し抵抗があります。

一体これは正しい知識なのでしょうか?
プロテインのメリットとデメリットについてもお聞かせ下さい。

A.

何を根拠に、胃が悪くなるのか説明がないと答えようがないです。

少なくともわたしがボディビルを始めたのは高校生の頃ですが
胃は悪くはなっていません。

ただ、胃腸の健康というはとても筋肉を大きくすることに重要な部分です。

なぜなら、胃腸の働きが弱れば栄養の吸収も悪くなるということで
それなりのケアが必要になります。

逆に肉などでタンパク質を摂取しようとすれば
胃腸への負担はプロテインより大きいです。

プロテインは吸収の効率がよいようにあのように
タンパク質のみを特殊な膜でこしとって作っています。

逆に言えば効率よくタンパク質を摂取するための
方法としては現実的には一番良い方法です。

何事も【過ぎたるは及ばざるが如し】ですが
米も野菜も食べ過ぎればなんらかの支障はあります。

結論としてはどちらにしてもプロテインを摂取するのであれば
その分は普通の食事をする以上の負担ではないにしろ胃腸をつ
かうのですから暴飲暴食をなるべく避けて胃腸をケアしてあげ
ることが重要です。

時には、プロテインも食事も軽く済ませて胃腸を休ませることも
調子が悪いときには必要です。

プロテインは日本語でタンパク質です。
薬でもなく、科学的に精製されたものではないのです。

プロテインを飲んで胃が悪くなるのであればそれ以上に消化に時間を要する
肉や野菜などはもっと良くない食事になるということになります。

あとは本人の選択しだいです。

根拠があるかどうかわからない情報を信じてプロテインを摂取することをやめるか?
胃腸のケアもしながら必要量のタンパク質をプロテインで補うかです。

その選択は自由ですが他にタンパク質を効率的に補充する方法はない以上
どちらに価値を見出すかはご自身で考えてください。

Q.

BCAAの事について質問させて頂きます。

いつも夕食が19時半ごろで仕事が終わるのが18時ごろなのですが16時ぐらいになると
お腹が空いてきて仕事に集中できなくなってきます。

カタボリックになって筋肉が破壊されてないかも心配です。

仕事中なので食事を取ることはできないので
こうゆう時にBCAAを飲んだら良いのでしょうか?

あと、ワークアウト前と後のどちらにBCAAを飲んだらよいのでしょうか?

A.

カタボリックが起きると筋肉が分解されます。

ですので、事前にBCAAを摂取することによってそれを防ぐというのが
BCAAを単体で摂取する際の基本的な役割です。

BCAAはアミノ酸の一種ですのでプロテインパウダーは
全てのアミノ酸が入っています。
(分解されると各種のアミノ酸になるという事です)

ですので効率を考えるとプロテインを摂取するほうがよいですし
そもそもはそういうタイミングに飲むのもプロテイン摂取タイミングです。

Q.

先日、アルティメットプロテインを購入させていただきましたが
私は女性でダイエットと美容健康維持の目的で購入しました。

飲むタイミングと量のベストを教えてほしいです。

朝は白湯

昼は好きなように食べる

夜はあんまり食べない

という生活です。

今のところ取り入れやすい朝か夜どちらか一回の置き換えを考えてます。
しかし、どちらがいいかわかりません。

動画では北島先生が200mlにすりきり3杯をとっていらっしゃったので
女性には多いのかなとおもったり・・・どうでしょうか?

A.

まずは、食生活の改善を考えてください。

食事は総体的な摂取カロリーがオーバーにならなければ
どのような形で摂取しても良いというものではありません。

理想的には平均的に、こまめに摂取すべきです。

なぜなら食事が入ってこない時間帯で筋肉が分解されます。

また、体が「いつ食事が入ってくるのかわからない」と判断して
積極的に脂肪を溜め込もうとします。

これにより基礎代謝も低下し、食事の量を減らしても減らしても
太るという悪循環になります。

ダイエットの失敗、いわゆるリバウンドはこのようにして起こります。

食事を定期的に量は少なくてもよいので摂取すると
体は脂肪を溜め込もうとしなくなります。

タンパク質の量ですが運動をされているのでしたら1日に必要なたんぱく質
は体重1kgにつき、2g~3gです。

ご自身の体重に換算していただけると1日に摂取すべき量がわかるかと思います。
毎日の必要量ですのでお間違いのないようお願いします。

また普段あまり食事を摂取されていないようなので
体が慣れるまでは1kgにつき1gでも良いので必ず摂取して下さい。

その必要なたんぱく質を普段の食事で摂取できる量を差し引くと
不足分がでてくるのでその分をプロテインパウダーで補うという形になります。

タンパク質は体に溜め込むことができません。
ですので理想的には3時間~5時間おきに摂取するのが理想です。

必要量を分けて飲むことをお勧めします。

朝食が白湯だけのようですので朝食はプロテイン、昼食、おやつ代わりにプロテイン
夕食、就寝前にプロテインといった形が理想的かと思います。

あとは別のタイミングとしてワークアウト後、運動後のプロテイン摂取です。

就寝中は食事をもちろん摂取することが出来ないため、
朝は飢餓状態です。

ですのでアルティメットプロテイン
は理想的な朝食となります。

ブレイクファーストとは断食を破るという
意味なので、まさにその通りです。

あと気になるのはプロテインを摂取することによる
総体的なカロリーの増加かと思います。

もちろんプロテインを摂取することによるカロリーの増加を加味して
食事をコントロールする必要がありますがタンパク質は栄養素のなか
でも消化と吸収に時間を要します。

また自身が消化吸収する際にカロリーを使ってしまうので
タンパク質が持つカロリーはほとんどそれらに使われてしまいます。

また足りない場合もあります。

バルクアップ時に炭水化物を取り入れるのは
そのカロリー不足を補う目的があります。

アルティメットプロテインはカーボが含まれていますので
その心配は要りません。

ですので総体的な摂取カロリーの目安としては基礎代謝を少し超えても良いかな
くらいの目安でちょうど良いかと思います。

普段の生活や労働などのカロリーは換算していないので
+になることはないと思います。

タンパク質は髪、皮膚、内臓、骨にいたるまで
体のあらゆる組織の基となる栄養素です。

ですので美容に関して言えばタンパク質を十分に摂取するということは
極めて重要なファクターとなるでしょう。

参考になれば幸いです。

またプロテインの販売サイトの右側の一番最下部に無料のメール講座がありますので
よろしければ登録してさらに見識を深めていただければお役に立てるかと思います。

それでは今後ともよろしくお願いいたします。

●栄養学講座とダイエット講座の2つがあります:
http://ultimate-tk.jp/protein2/

Q.

いつも貴重なお話をありがとうございます。
質問です。ぜひ教えてください。

BCAAのことなのですが、これはどのような時に摂取するものなのですか?
よろしくお願い致します。

A.

BCAAもタンパク質(アミノ酸)の一種です。

タンパク質は常に使われていて、体内に留め置くことができないため
枯渇すると筋肉を分解してBCAAにして使います。

これを「異化作用」と言います。

つまり、トレーニング中はワークアウトが出来ないため
筋肉が分解しないように事前に摂取することによって異
化作用を防ぐことが出来ます。

Q.

以前、北島先生の動画で

「プロテインをトレーニング前に摂ると最悪の場合、胃に穴が空くことがある」

というような内容があったと思います。

今回はその理由を聞きたいです。

なぜプロテインは胃に穴を空ける原因になるのか?
なぜトレーニングによって穴を空けるという状態に陥るでしょうか?

A.

空腹時にかなり大量のビタミンを摂取すると胃には悪いですが
プロテインは胃に大きな負担をかける物ではありません。

しかし、大量に飲んですぐにワークアウトをすれば
消化不良のため胃に負担はかかるでしょう。

これはどんな食事でも同じで、むしろプロテインは消化に優れているので
普通の食事の方が遥かに胃には負担を掛けます。

極端に毎回ワークアウトの度に消化不良をおこして胃にストレスをかけ続けていると
そのうち胃に穴が開くと言う可能性もありますがこれはプロテインのせいではありま
せん。

胃袋に食べ物がたくさんあるうちは激しい運動をしないほうが良いと
いう極めて単純な話です。

Q.

お世話になります。

年齢は56歳ですが毎朝、起床後に3スプーンを飲んでおりますが
朝、昼、夜のうちで理想の時間はありますか?

A.

プロテインの摂取は年齢に関係なく、大切なことは
1日の必要量を細かく分割して摂取することです。

人は1日に体重1kgあたり2gは最低必要です。

つまり体重が50kgであれば日に100gのタンパク質が必要となります。
食事のタイミングが不規則ではない限り

朝・昼・晩のタイミングで食事をされているかと思いますが
1日に必要なタンパク質量-食事で得られるであろうタンパク質=プロテインで摂取すべき量となります。

朝・昼・晩で30gのタンパク質が摂取できているなら
70gの不足するであろうタンパク質をプロテインパウダーで補うという形です。

摂取するタイミングですがタンパク質は常に使われているため体の中でためておくことが出来ません。
例えると栓の抜けたバスタブに水を入れ続けるようなものだと考えてください。

逆に考えると1回に摂取する量が多すぎても
溢れ出てしまいます。

ですので理想的な摂取のタイミングは起床後(寝ている間は摂取できないため枯渇している)
食間、就寝前(寝ている間は摂取できない)です。

このタイミングでできる限り分割して摂取されることをお勧めします。
また体重1kgあたり2gというのは最低限の数量ですので
ダイエットと併用して筋肉も大きくしたい場合は3g摂取できれば
筋肉にタンパク質が十分行き渡る量となります。

タンパク質は人間のあらゆる組織に使われていますので
筋肉に割り当てられるのは生命を維持するのに必要な器官に
十分に栄養が行き渡ってからでないと割り当てられません。

逆に摂取が足りなければ筋肉を分解してタンパク質を補充するので
せっかくワークアウトしてもタンパク質が足りなければ筋肉を大きくするどころか
他の器官に分解して栄養素として使われてしまうので意味がなくなってしまいます。

http://ultimate-tk.jp/protein2/profile

このページの右側の下方に無料メール栄養講座が
ありますのでこちらも参考にしていただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

Q.

現在、ケトジェニックダイエットを行っているのですがケトジェニックダイエット中に
ソイプロテインを飲んでも大丈夫なのでしょうか?

ソイプロテインには代謝を活発にする働きがあるなどと聞きました。

効果があるなら間食の時やworkoutあとに
ホエイプロテインと混ぜて飲もうかと考えています。

ホエイプロテインとソイプロテインを混ぜることによって
ホエイプロテインの吸収が遅くなったりするのでしょうか?

またソイプロテインにはイソフラボンが入っているらしく
女性らしい体にならないか心配です。

この事について北島先生の意見を聞かせてください。

A.

ずばり、NGです。

ソイはアメリカでは効果がないと避けられている状況ですし
使われている原材料が良くないからです。

また原則中の原則ですが、食品で「●●が活発になる」などの謳い文句は
ほとんど効果がないかと思います。

なぜなら食品は食品であり、サプリメントも食品です。
薬ではありません。ですので薬効成分はありませんので

なにか作用があっても微々たる物だと思ってください。

Q.

動画の中で、脂肪が燃焼されるタイミングとして無性にモノが食べたくなると
おっしゃっていましたがこのタイミングで空腹を満たすためにプロテインを摂
取しても大丈夫でしょうか?

あと、このタイミングに限らずですが以前栄養士の方に、一度にたくさんの
プロテインを摂取しても一度に吸収する量が決まっているので意味がないと
言われた事があります。

ただ、具体的に何グラムとは言われていませんでした。

何グラム以上は吸収しないという明確な分量や
一番効率の良い分量はあるのでしょうか?

A.

もちろん大丈夫です。

一度に吸収する量が個人差はありますが決まっています。
ですので1日に必要な量を数回に分けて摂取します。

分量というよりは3時間〜5時間おきに摂取するのが理想的だといわれています。
その限られた条件の中で出来る限り摂取するという考えが一番良いかと思います。

Q.

乳製品のアレルギーです。

プロテインを飲まないで筋肉は大きくなりますか?

A.

乳成分を使っていないビーフプロテインなど、動物性のタンパク質
であれば問題はないかと思います。

植物性、特に大豆はアメリカでとても不評になっています。

結局、科学的に突き詰めると植物由来で人間は動物なので
体に取り込める成分が動物性と比べて比較的利用しづらい
という根本的な話があります。

もちろん卵や肉、魚など食事から得られるタンパク質でも問題はありません。

ただかなりの量を食べなくてはいけないため、コストや効率を考えると
プロテインパウダーが一番効率的だと考えられるかと思います。

タンパク質は筋肉や体の組織の基になる栄養素ですので不足すれば
健康を阻害することはおろか、筋肉を大きくはできません。

タンパク質が筋肉に使われるのは生命の維持のために使われた後の
最後の最後になりますので。

Q.

北島さん。いつもお世話になってます!

まだ半年しかworkoutに励んでないのですが、もう去年の服が
着れないぐらいまでバルクアップに成功しました。

質問の内容なのですが、1日にタンパク質を200gとりたいのですが
何をどのくらい摂っていいのかがいまいちわかりません。

僕は1日に、朝にアルティメットプロテインライト
workout前にアルティメットプロテイン

workout直後にアルティメットプロテイン

寝る前にアルティメットプロテインライトを飲んでおり
夕食に300gの胸肉を食べています。

これはどのくらいのタンパク質が摂取できているのでしょうか?

また、アルティメットプロテイン、アルティメットプロテインライトの一回に
摂取出来るタンパク質の量を教えていただきたいのと、1日に200gのタンパク
質を摂取するとしたら、北島さんはどのように摂取するのか是非お聞きしたい
です。

どうかご教授お願い致します!

A.

アルティメットシリーズのプロテインは付属スプーン一杯で約10gとなります。

ですから、表記にある100gあたりの10分の1のタンパク質が
付属スプーン一杯で摂取出来ます。

必要量に応じて何杯入れるかを調整して下さい。

また、鶏のムネ肉は100gあたり約20gのタンパク質が含まれるので
300gで約60gです。

他の食事にももちろんタンパク質は含まれているでしょうからその都度
計算して自分の摂りたいタンパク質量を食べるようにして下さい。

食べ物に含まれるタンパク質はネット検索などで簡単に調べられます。

食材をその都度ネット検索でタンパク質量を調べることで
正確なタンパク質摂取量を調べることが出来ます。

そして、タンパク質の摂取タイミングはとにかく5時間以内に
タンパク質を摂取することです。

また、ワークアウト直後や朝起きてすぐに
タンパク質を摂取するようにします。

バルクアップ時は、ワークアウト直後にアルティメットプロテインのように
糖質が含まれるタンパク質を摂取することでよりサイズアップが期待できます。

Q.

現在、ケトジェニックダイエットプロテインとVODEZAダイエットを摂取して
ワークアウトを開始して約1ヶ月くらいです。

私は30代女性でワークアウトを開始してからとても体調やお肌も良くなっており
一時的ではなくずっと続けられるダイエットだと確信しています。

食事もカロリー制限ではなく、糖質や炭水化物カットなので
お肉や魚を多く摂取しております。

ワークアウトもご指導通り、週2回で30分程度ですが行っております。
最近はうっすら腹筋の筋も見えてきました。

ところで、ご質問ですが体重は少しずつ減少していますが体脂肪は急に落ちる時もあれば
戻る時もあります。

朝と晩で5〜7%も変化があるのですが、大丈夫でしょうか?

A.

ケトジェニックダイエットは脂質も抑えることのないダイエットですから
ホルモンバランスが悪くなることもありません。

意識的にプロテインを必要量摂取することはタンパク質は体のあらゆる組織の
モトですので肌や髪の調子は良くなりますし女性が将来的になりやすい骨密度
の低下も防いでくれます。

ですので、女性には低カロリーや低脂質のダイエットより
向いているダイエットである事は確かです。

また、家庭用の体脂肪計やジムにある体脂肪計でも正確に体脂肪を
測る事は非常に難しいです。

正確に計れるのであれば年齢や体重、身長などを入力する
必要はないかと思います。

要するに入力された数値から色々と計算しているのです。

急激な変動というのは水分量の変化で合ったりすることが多いです。
筋肉量が多いと逆に体脂肪が多く計測されたりもします。

体脂肪はそれほど急激に変動するものではないです。

また体重にポイントを置くと勘違いしやすい点もあります。
なぜなら脂肪よりも筋肉の方が重く、筋肉がついていけば
体重が減らない、むしろ増えたと勘違いしやすいからです。

これを停滞期と勘違いする人も多いです。

Q.

今月からケトジェニックプロテインを使ってケトジェニックダイエットを
するつもりですが約2週間後にケトン体が使えるようになった後はアルテ
ィメットプロテインに戻しても良いのでしょうか?

または戻した方が良いのでしょうか?

A.

摂取の頻度を1回程度であればOKかと思います。

ただ、含まれている炭水化物の量は摂り過ぎないように
そこはカウントに入れて摂取してください。

2週間を過ぎれば糖質はいくらとっても良いということではありません。

ケトジェニック中はケトジェニックプロテインやWPIのプレーンなプロテイン
などで納得行くまで体脂肪を落としてから筋肥大に特化されたほうが良いです。

一度のダイエットで体脂肪が5kg落とせたならバルクアップに徹して2kg
脂肪がつくまで筋肥大に徹しても脂肪が2kgつくまでによっぽどの暴飲暴
食をしない限りかなり時間が掛かります。

例え2kg増えても、また5kg落とせば結果的にトータルで3kg分さらに
体脂肪が落とせたということになります。

考えてみれば普段は糖質を気にしない食生活をしていたとしても
60kgの人の体脂肪が20%だとすると12kgの体脂肪です。

糖質を気にしない食生活でも際限なく体脂肪がつくわけではなく
そういう生活の積み重ねが12kgという体脂肪を生んでいるわけ
です。

そこから5gkを落とせばその5kgを取り戻すのはかなりの暴飲暴食を
しなければ元にもどすのは逆に大変だという事ですね。

最初は大変ですがそこからはは小刻みにダイエットをすれば
元の体に戻る事はよっぽどなことがない限りありません。

5kg落とすことができれば2kgや1kgなど簡単なのです。

ダイエットのふり幅を少なくすれば断続的ですが
やせ続ける事はある程度まで可能です。

そして、リバウンドも怖くなくなります。

Q.

北島さん。いつもお世話になってます!

まだ半年しかworkoutに励んでないのですが、もう去年の服が
着れないぐらいまでバルクアップに成功しました。

質問の内容なのですが、1日にタンパク質を200gとりたいのですが
何をどのくらい摂っていいのかがいまいちわかりません。

僕は1日に、朝にアルティメットプロテインライト
workout前にアルティメットプロテイン

workout直後にアルティメットプロテイン

寝る前にアルティメットプロテインライトを飲んでおり
夕食に300gの胸肉を食べています。

これはどのくらいのタンパク質が摂取できているのでしょうか?

また、アルティメットプロテイン、アルティメットプロテインライトの一回に
摂取出来るタンパク質の量を教えていただきたいのと、1日に200gのタンパク
質を摂取するとしたら、北島さんはどのように摂取するのか是非お聞きしたい
です。

どうかご教授お願い致します!

A.

アルティメットシリーズのプロテインは、付属スプーン一杯で約10gとなりますので表記にある100gあたりの10分の1のタンパク質が付属スプーン一杯で摂取出来ます。

ですから、必要量に応じて何杯入れるかを調整して下さい。

また、鶏のムネ肉は100gあたり約20gのタンパク質が含まれるので
300gで約60gです。

他の食事にももちろんタンパク質は含まれているでしょうからその都度
計算して自分の摂りたいタンパク質量を食べるようにして下さい。

食べ物に含まれるタンパク質はネット検索などで簡単に調べられます。

食材をその都度ネット検索でタンパク質量を調べることで正確なタンパク質
摂取量を調べることが出来ます。

そして、タンパク質の摂取タイミングはとにかく5時間以内に
タンパク質を摂取することです。

また、ワークアウト直後や朝起きてすぐに
タンパク質を摂取するようにします。

バルクアップ時は、ワークアウト直後にアルティメットプロテインのように
糖質が含まれるタンパク質を摂取することでよりサイズアップが期待できます。

Q.

アルティメットプロテインとライトを購入していますが、アルティメット
プロテインとライトをどのようにして飲んだ方がいいのですか?

例えばアルティメットプロテインを飲んだ後にライトを飲んだ方がいいのですか?
飲み方を教えていただきたいです。

A.

アルティメットプロテインの特性として、食事の代替となる
完全栄養食品であるということです。

そして、ライトはたんぱく質の含有量がアルティメット
よりも多く炭水化物の含有が少ない商品となります。

ですので、併用してご利用になられるシーンとして以下の
ような例を挙げさせていただきます。

●アルティメットプロテイン:
・朝食または忙しくて食事を摂ることができない時の代替食品として
・食事を取ることが出来ない就寝中のカタボリック対策として(就寝前に摂取)
・ワークアウト後、就寝前のゴールデンタイムに完全な栄養を摂取するため

●アルティメットライト:
・食前・食後のたんぱく質摂取として

●1日の流れの中での摂取の例:
たんぱく質摂取の理想的な摂取タイミングとして3時間〜5時間おきに
摂取するのが理想的だと言われています。

起床直後は就寝中に摂取できなかった栄養素を摂取するために
朝食+アルティメットプロテインもしくはアルティメットプロテ
インの摂取がお勧めです。

昼食後、間食の代わりにライトを摂取するのが好ましいです。

(昼食には炭水化物が多く、タンパク質が少なめの
一般的な食事を摂取している前提として)

夕食後にワークアウトを行った場合にアルティメットプロテイン。

もしくは夕食後ライトの摂取か就寝前のアルティメットプロテイン。
(夕食をたくさん摂る場合はライトでも可)

プロテインの摂取の考え方としては1日に必要なたんぱく質量
(体重1kgあたり2g〜4g)
(ワークアウトする・しないに関わらず、毎日たんぱく質は必要です)

その量に関して普段の食事で摂取できるであろうたんぱく質量を差し引いて
不足する分を補う形で摂取するのが大切です。

例):体重60(kg)×(2〜4)=120〜240(g)のたんぱく質が1日必要。

朝昼晩の食事で摂取できるタンパク質がおよそ45gと仮定して
不足分は75g〜195gが不足します。
(個人の食生活によって大きく変動します)

そこで3度くらいの頻度で分割して摂取するとなると
1回当たり25g〜65gのプロテインを摂取する。
(一度に摂りすぎても体に吸収できません)

これが理想的な摂取の方法です。

食間は特に普通の食事を行っていれば炭水化物の摂取は多すぎる
位かと思いますのでライトで十分かと思います。

ワークアウト後や朝食前など栄養素が体内から枯渇している
もしくは消化吸収の為にカーボ(炭水化物)が必要な際にア
ルティメットプロテインは優れた栄養補給が可能となります。

Q.

1日の食事をプロテインに置き換えるとすると
どのプロテインを購入すれば良いのでしょうか?

摂取するタイミング回数、日によってハードは時の摂取方法など教授下さい。

A.

例えば、3食プロテインで代用するとなりますと
アルティメットプロテインが理想的です。

ただし、1日に摂取する量や炭水化物の摂取量を勘案しますと
ライトとの併用がお勧めです。

・朝食(アルティメットプロテイン)食間(ライト)
・昼食(アルティメットプロテイン)食間(ライト)
・夕食(ライト)ワークアウト後及び就寝前(アルティメットプロテイン)

1日に必要なたんぱく質量はワークアウトをする日しない日に関わらず
変わりませんが、ワークアウト後30分以内に摂取するタイミングは確
実に守りたいところです。

プロテインの摂取の考え方としては1日に必要なたんぱく質量(体重1kg
あたり2g〜4g)です。

ワークアウトする・しないに関わらず、毎日たんぱく質は必要です。

その量に関して、普段の食事で摂取できるであろうたんぱく質量を
差し引いて不足する分を補う形で摂取するのが大切です。

例)体重60(kg)×(2〜4)=120〜240(g)のたんぱく質が1日必要。

朝昼晩の食事で摂取できるタンパク質がおよそ45gと仮定して
不足分は75g〜195gが不足します。
(個人の食生活によって大きく変動します)

そこで3度くらいの頻度で分割して摂取するとなると
1回当たり25g〜65gのプロテインを摂取する。
(一度に摂りすぎても体に吸収できません)

これが理想的な摂取の方法です。

Q.

アルティメットプロテインライトの水の量はアルティメットプロテイン
同様で200ccでよろしいでしょうか?

A.

はい、ライトの水の量は200ccが目安となっております。

あくまで目安ですので、濃さの調整は飲みやすい
量で調整いただけますと幸いです。

Q.

たんぱく質の摂取量の基準などありますか?

A.

摂取量についてですが日に体重1kg辺り
2g~4gが必要量となります。

女性の方ですと、2gを目安に摂取いただくと
宜しいかと思います。

ただしプロテインは、普段の食事で賄い切れないたんぱく
質量を補うという形で摂取をお願いいたします。

たんぱく質は体のあらゆる組織に必要な栄養素ですので
骨、皮膚、毛髪に至るまでたんぱく質が大切な栄養素です。
(たんぱく質は消化されると各種アミノ酸になります)

美容にもたんぱく質摂取はとても大切なので筋肉のためだけではなく
十分に摂取するためにアルティメットシリーズをお役立てください。

よろしくお願いいたします。

Q.

ケトジェニックプロテイン愛用し、いつも動画等を楽しみに
拝見させてもらっています。

18歳、workout歴11ヵ月の者です。
クレアチンの摂取方法について質問があります。

良く他のサイトではローディング(最初は20gを毎日2週間まで取って、そのあと3gに戻す方法)や水ではなく果実等の糖質を含めたもので取れなど朝寝る前、トレーニング前に取れ、1日3〜6gまで等、調べると様々なこと(書かれてる記事の内容の逆の記事)もあってどうすればいいか困ってます。

そして、飲む水の量も何gにつき何mlがよいのでしょうか?

そしてプロテインに混ぜて飲む、又固形状のサプリメント飲む際にその(溶かした)水で飲んでもいいのでしょうか?

A.

クレアチンは摂取し始める時に、「ローディング期間」といって
身体に取り込んでいるクレアチンの量をある程度増やすために1日
数回に分けて20〜30gぐらい一週間摂取したあと

1日3〜6g程度を1日一回摂取すると良いと言われています。

そして、ローディング期間が無くても1ヶ月くらい3〜5gのクレアチンを
毎日摂取することで体内のクレアチン保有量は増えるため急がなければ
ローディング期間は不要とも言われています。

最近では、ローディング期間が不要の「クレアルカリニン」
というクレアチンも出ていますがとても高価です。

そのため、ローディング期間に使う量よりも高額になってしまうので
あまり良いとも言えません。

「クレアルカリニン」はクレアチンを取り込みやすいようにアルカリ性に
なっているため通常のクレアチンにベーキングパウダーやクエン酸を足す
ことで安価に効果を再現できます。

そして、インスリンがクレアチンの吸収を助ける働きもしてBCAAなども
クレアチンの吸収に役立つとされています。

そのため、アルティメットプロテインやアルティメットプロテインライトを
摂取することをおすすめしています。

もともと、クレアチンは中に含まれていますしBCAAやクエン酸、インスリンを
分泌させるためのブドウ糖などが含まれているためアルティメットプロテインや
アルティメットプロテインを飲むだけで効率良くクレアチンの効果を期待する事
が出来ます。

また、ローディング期間を設けなくても市販のベーキングパウダーを10〜20gアルティメットプロテインと一緒に摂取すればすぐにクレアチンの効果が期待出来ます。
ただしこの時に、シェーカーにベーキングパウダーを一緒に入れてシェイクするとベーキングパウダーは炭酸を発生するのでシェーカーが破裂する可能性がありますので先にアルティメットプロテインをシェイクしてから、ベーキングパウダーを足して軽く混ぜると良いでしょう。

Q.

各種プロテインおよびVODEZAダイエットEXに付属のスプーンですが、
1杯あたりの正確なグラム数と1回あたりの使用量を教えてください。

A.

付属のスプーンの外側に目盛りがございます。
目盛りの上部で約10gとなっております。

分量の目安は下記写真でも掲載しておりますが、すりきり一杯で約16~20gの
間で重さが変動しますのでご注意ください。(スプーン自体の重さも含まれます)

北島の飲み方の場合ですと、北島は筋肉量が多く、常に大量に摂取しなければいけ
ないためかなり多く摂取していますが摂取量としては個人の体重や普段の食事によ
って変わります。

※付属のスプーンは30ccとなっております。
※すりきり~山盛りで1杯あたり17g~20gとなります。
※基本的には一杯あたり10gが基本となっております。

計量スプーン計量スプーン

Q.

アルティメットプロテインは1回あたりどれほどの
たんぱく質が摂れるのでしょうか?

A.

基本的には、食事で摂取されるたんぱく質を差し引いた差が
プロテインで補うべきたんぱく質量となります。

アルティメットプロテインの場合ですと、100gあたり約56gの
たんぱく質が摂取できます。

そのため、アルティメットプロテインを一食に置き換えて
摂取量を調整していただいても良いでしょう。

一回の摂取で全て取り切るのではなく一食置き換え、または食間など
複数回に分けて摂取されることをお勧めします。

特にたんぱく質の摂取はワークアウト後の30分以内、就寝前、起床後
の摂取が効率的です。
(ゴールデンタイム、起床後は寝ている間に食事が取れないため)

朝食代わり、おやつ代わりに摂取という感覚でご利用ください。


THE WORKOUTオリジナルプロテインおよびサプリメントの飲み方や使い方
を北島が解説しておりますビデオはこちらにてご視聴いただけます。


・アルティメットプロテインforケトジェニックダイエット&VODEZAダイエットEX編


https://youtu.be/799a5hDW3uQ


・アルティメットプロテインの正しい作り方・飲み方:


http://youtu.be/5oEAeO46AGU


・アルティメットプロテインの効果的な飲み方について:


http://youtu.be/RGOtlAKIero


・アルティメットプロテインとライトの違い(より効果が出る飲み方について)


https://youtu.be/I_9UrVr5Bz0